退職届・退職願・辞表の書き方や理由まとめ┃テンプレート付き

ブログ

退職届・退職願・辞表の書き方や理由まとめ┃テンプレート付き

退職を意思表示するには何からはじめればいいの?と意外とわからない人が多いようです。ここでは、退職の種類、仕方、書き方などをご紹介していきます。

退職届・退職願・辞表の違いとは

勤めている会社を辞める時に提出する書類は、

  • 「退職届」
  • 「退職願」
  • 「辞表」

の3つの種類があります。呼び方が違うだけというわけではなく、それぞれ使い方があるのです。

退職願

これから、退職したいですという意思の書類

口頭で伝えるのも可能です。必ず書類で提出するということではありませんが、届を提出することによって退職する意思の強さを受取ることができるため、提出する人も多い。

退職届

退職願いの意思表示が認められ、退職しますという意思の書類

会社の承諾を得て退職が決定したら、退職の意思表示をするために退職届を提出する。会社規定の用紙がある場合、そちらに記入して提出する。

辞表

経営する側の役職のついた者が辞める時(公務員が辞める時)に提出する書類

社長や取締役などの役員が役職を離れる時に提出する。

公務員が組織を辞める時に提出する辞表は、「退職届」と同じ意味を持つ。

退職届・退職願・辞表を出す前に、やっておくべきこと

退職は、自分と会社が結んだ「労働契約を解除する」ということです。労働契約の解除については、会社内で様々な手続きが順序だてて行われます。手続きをスムーズに進めるために、必ず「就業規則」をチェックしておくことを忘れないでください。

退職の申し出は、一般的には「退職の一ケ月前」という就業規則があります。もし、記述がない場合は最低でも2週間前には退職願いの意思表示をしておくとよいでしょう。

誰に伝えるべきか

退職の意思を伝える相手は誰がよいのかについてですが、まず、はじめに伝える相手は直属の上司です。そこから人事部や代表取締役が受理するという流れが一般的です。

個人経営や本社が別の場所にあるという場合は、責任者や直接社長へ申し出ることも例外ではありません。

退職願・退職届の提出のタイミング

退職を意思表明する書類は、「いつ」「誰に」「どんな方法」で提出するのか確認をしましょう。

退職までのフロー

退職を決意したらまずはじめに、「就業規則を確認」しましょう。退職願を提出する日は、1ヶ月前というのはあくまでも一般論です。自社のルールに沿って、円満に退職することが望ましいです。

退職願・退職届の書き方・見本

退職願と退職届は、形式に沿って作成をします。

準備するもの

  • 用紙;A4かB5サイズ。手書きの場合、白い便せん
  • 封筒;白無地の封筒(郵便番号の枠がないもの)。サイズはB5用紙/長形4号、A4用紙/長形3号。
  • ペン;黒いボールペンか万年筆。(消えるボールペン不可)

退職願・退職届の見本

退職願の書き方(文字;縦書き)

件名(冒頭行);「退職願」または「退職届」と記入

本文一行目;の下部に「私儀(わたくしぎ)」または「私事」を入れる。これはわたくしごとではありますが…という意味があります。

退職届の理由;自己都合退職は「一身上の都合」と記入します。

退職日;退職願は、退職を希望する日。退職届では、退職日を記入します。

文末の表現;退職願はお伺いなので「退職いたしたく~お願い申し上げます。」と願いでますが、退職届は、退職が決定したので「退職いたします」と記入する。

届出年月日;実際に書類を提出する日を記入する。

所属名と氏名;行の下部へ記載。所属は正式な部署名を記入し、氏名はフルネームで記入する。末尾に捺印をする。(シャチハタじゃないものが望ましい)

宛名;組織の最高執行責任者を宛先にする。役職名とフルネームを自分の名前より上部へ記入するとよい。敬称は「殿」か「様」が一般的。

封筒の見本

郵便番号記載枠がない白い封筒

ポイント

  • 表に「退職願」または「退職届」とだけ書く
  • 裏面の左下に、所属部署とフルネームを書く
  • 手渡しであれば封はしても、しなくても良い。封筒の封をする場合は、フラップと封筒裏の中央にかかるように「〆」を書く

退職願・退職届のテンプレートダウンロード

退職願・退職届のテンプレートを下記よりダウンロードしてお使いいただけます。

一般的には、手書きで記載することも多いですが、パソコンでの作成でもよろしければご利用ください。

退職願ダウンロード

退職届ダウンロード

 

まとめ

法律的には、退職をする時に「退職願」「退職届」を提出する必要はないのですが、万が一のトラブルが発生した際に、退職の意思表示があったのかどうか、届けが提出されているのかどうかは、とても大切なことです。双方が円満に退職手続きが行うためには、やはり提出が必要だと考えます。

また、退職の意思表示をするのは、退職希望日の約一ヶ月前というのが一般的です。企業によって異なるため、退職を決めたら「就業規則」をしっかりと読み返してみるのが重要となります。

企業によっては、退職届のフォームが決まっている場合もあるので、しっかりと確認をしましょう。

コメント