【初心者】コンテンツがどういうことかわからないままブログを書き始めた結果

プログラミング 初心者独学

【初心者】コンテンツがどういうことかわからないままブログを書き始めた結果

コンテンツがわからないままブログを書き続けた結果、コンテンツの活用方法が間違っていたことを知る。

コンテンツって何だろう?

コンテンツは、「情報の中身」のことです。

近代ではインターネットやスマートフォンの普及において、多量の情報を瞬時に共有し合う世の中になっています。コンテンツ=「情報の「中身」」については、Webに関しても切り離すことができない関わりがあります。

コンテンツの種類

コンテンツ君
コンテンツ君

それではどのような場面で「コンテンツ」が活用されているのか見ていこう。

うん。いまさら聞けないお悩みを一緒に解決!

1.Webコンテンツ

Webコンテンツとは、Webを活用して入手できる情報のことです。

例えば、よく「ホームページやブログは、コンテンツが大事」と言われます。私もブログ記事を書いていて、内容が薄いとか質が低いとかよく目にしますが、結局コンテンツって何なの?と思ったのがこの記事をかくきっかけでした。

コンテンツは、「情報の中身」という意味です。ですから、内容が薄いとか質が低いというのは、コンテンツ(記事)の内容が薄いコンテンツ(記事)の内容の質が低いという意味なんです。

Webを活用して、ホームページやブログに挿入されている動画や写真、文章もすべて「Webコンテンツ」になります。

2.モバイルコンテンツ

Webコンテンツの中でスマートフォンや携帯、タブレットなどのモバイルで情報を得るのが、モバイルコンテンツと呼ばれるものです。

例えば、TwitterやTikTokなどのアプリや地図や交通情報などのWebサイトです。私たちが普段スマートフォンから気軽に検索しているサイトが、モバイルコンテンツです。

3.コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザにとって質の高いコンテンツで、ファンとしてWebサイトへ集客し、購入などへ繋ぐ手法のことです。

例えば、マーケティングの戦略と言えば、CMやチラシなどの広告で売り込みが一般的ですが、英語学習アプリを販売したいときは、チラシやCMよりもWebサイトを活用して販売していきます。

「英語力が身につく方法!」などといったブログ記事を通じて潜在的に必要としている人と英語学習アプリを繋げていくのが、コンテンツマーケティングです。

【3つのポイント】

  1. 質の高いコンテンツをつくること
  2. 顧客を育成
  3. ファンにする
  1. Webサイトに自社の商品を掲載
  2. 商品の問合わせ(興味を持つ)
  3. ユーザが商品を購入(ファン化する)

4.コンテンツブロッカー

コンテンツブロッカーとは、Webサイトを開いた時に広告が表示されることがありますよね。その広告を取り除くプログラムのことです。

例えば、広告が邪魔だなぁって思ったら一つずつ×印を押して消していきますよね。たまに、押し間違えるとそのページへ飛んでしまうなんていう煩わしいことも…なんて経験があると思います。

今では、広告をブロックしたい人へ向けたブロックアプリがあるのをご存知でしょうか。iPhoneやandroidなどの機種によってアプリに違いはありますが、無料で提供している広告を表示させないおすすめアプリがあります。

コンテンツの機能

Webサイトを運営していると、コンテンツネタに悩む時があります。そんな時、記事ネタがどの分類に当てはまるかを理解することで、質の高いコンテンツ作りができるのです。せっかくのテーマをいかにおもしろいコンテンツにするのか、コツをつかむにはどうしたらよいのかをまとめてみました。

コンテンツを分類すると8つにわけられる⁈

1.単発型
単発型のコンテンツは、1つの記事ネタで情報が完了するものを指します。初めて記事ネタを考える時には、おそらく単発型からの出発が多いでしょう。
2.連載型
連載型のコンテンツは、同じ1つの記事ネタを1回で終わらせず、分けて掲載していくものを指します。
3.追記型
追記型コンテンツは、1つの記事ネタで進めていく連載型とは逆に、記事ネタを才覚させていくことを指します。
4.季節型
季節型コンテンツは、季節ごとの催事に関連した話題を提供することを指します。
5.永続型
永続型コンテンツは、記事ネタが長期に渡り価値が高いものであることを指します。
6.辞書型
辞書型コンテンツは、言葉の意味を説明したり、広範囲にコンテンツが網羅された辞書という意味を指します。
7.インタビュー型
インタビュー型コンテンツは、活躍する人の発言や商品の購入者などの声を記述したものを指します。
8.データ型
データ型コンテンツは、アンケート調査を統計しグラフを使ってデータの数字を表示しているものを指します。

Webコンテンツ┃記事ネタに困らない質の高いコンテンツを作る方法を解説

結果が出せるコンテンツを作る時に一番大事なことって、なんだかわかりますか?
  それは、Webページの内容です。
では、そのネタ作りはどのように見つけるのか、またどのように書いていったらよいのかを解説していきます。

ネタ作りの方法

1.ユーザへ直接聞く方法

記事ネタを探すには、自社のサービスや商品を使っているユーザの声を聞く方法です。
アンケートをとり、アンケートに回答してくれた人にはプレゼントなどをして、協力を仰ぎます。

2.ユーザの知り合いに聞く方法

例えば、お店の人は購入した人と直接会い、話をします。お客様を知る人からヒアリングをして、調査をする。

ただ、量販店だったり担当者が別にいたりすると、直接お客様を知る人ではないこともあるでしょう。

3.クリック数で調べる方法

ユーザがコンテンツを見るときには、検索してクリックします。興味をもつ情報がクリックされるので、そのクリック数を計測します。

追記;Webサイトの中には、「よくある質問」というページがありますよね。これは実は調査ページのことなのです。ユーザが興味を持ちそうなカテゴリーをリストアップして、質問形式にします。

よくある質問なら、とくにデザイン性も必要がなく画像も不要なので簡単に作成できると思います。

成果につながる質問項目を考えてアクセスUPを狙ってみてはいかがでしょうか。

4.検索キーワードで調べる方法

Webサイトを閲覧するのは、何か知りたいことがあるからだと思います。そのユーザの知りたいをコンテンツにしてみましょう。

その知りたいは確実にしることはおそらく不可能です。なので、ユーザはどんなキーワードを知りたいのかというということを予測してキーワードを絞り込みます。

コンテンツまとめ

コンテンツは、ブログやWebサイトの情報の中身ということがわかりました。また、コンテンツの種類やコンテンツの機能にも様々型があることを知ることができました。

コンテンツってなに?とはさすがに思わないと思います。もし、まだ思うようなことがあればはじめから読み返してみてくださいね。

これらのことから、Webサイト作成に向けてキーワードを早速調べてみましょう。

マーケティングコンテンツ

  • 誰に向けた内容か
  • どのように購入してもらうのか
  • リピータにしていくにはどうしたらよいのか

これらをまとめ、成果の出る、そして質の高いWebコンテンツを作っていきましょう。

コメント