【転職】今の仕事に満足していますか?┃自分らしく過ごすために、毎日を磨く

ブログ

【転職】今の仕事に満足していますか?┃自分らしく過ごすために、毎日を磨く

今、仕事をしている人は自分の仕事にどれくらい現状に満足しているのでしょうか。

例えば、休みを大切にしたい人にとって、実際は「仕事内容は充実しているけど忙しすぎて休みが週1日しかとれない!」なんて言う人も少なくありません。

疲れもとれないし、どこかへ出かける気にもならないし…と、なんだか充実できていない。

仕事を辞めることは、マイナスなイメージを持っているような気がしますが、実はプラスになることも多いのです。

それでは、ここから「仕事を辞めることがプラスになるとは?」についてご紹介していきます。

「仕事を辞めることが自分にプラスになる!」

これまで経験してきたことは、必ずしも無駄なことは一つもないと思います。

販売業を長い間してきたけど、業績に伸び悩み精神的に追い詰められてしまって、とうとう退職をすることになったりした場合、人と話す仕事は好きなのに物を売る仕事が向いていない…なんて思ったりするものです。

しかし、そんなことを思う必要はないのです。

プラス1☝業界は同じでも職種は違うものを選ぶ

仕事を辞めてしまうということは、これまで積み上げたことがリセットされてしまうという風に思いがちですが、逆に言えば、これまで経験してこれなかった分野に挑戦できるということなのです。

時代はネット社会です。

【転職】に関する仕事情報をたくさん知ることができます。

アパレル関係の仕事をしていた経験があれば、営業へ方向転換してみるとか、事務職を経験したことがあれば、一般事務から人事・営業事務・受付などの枠を広げてみるのもよいかもしれません。

どの分野においても「相手の立場を考え、最適な提案をする」というコンセプトは共通するものだと思います。

仕事を辞めたのなら、気持ちを切り替えて「次につながる職探し」をはじめてみるのもよいかもしれません。

プラス2☝新人よりも実は社会経験している中途採用の方を選ぶ

会社にとって新人採用は、将来に向けて会社のために育てていきたいという思いが込められています。しかし、高校、あるいは大学を卒業したばかりの新人にとって「社会人としての基本的マナー」が身についているのかといえば、そうではありません。これは、「知らないから悪い!」ということではなく、会社にとって活躍できる人、成長できる人になってもらうために、きちんと「新人教育」をするということなのです。

一方で、多くの企業では、中途採用の場合「これまでの社会経験を活かし、即戦力として」期待をしています。

ですから、中途採用ということに戸惑いを感じることはありません。自信を持つことが大切です。

プラス3☝退職したら時間を自己啓発へ使おう!まずは資格取得を選ぶ

仕事を辞めたら、自分の時間を有効的に使うことができます。まずは、ゆっくりと休んでから自己啓発へ時間を使ってもよいでしょう。

例えば、①次の仕事は何がやりたいのかと考えたときに、②医療従事者になりたい!③そのためには、医療事務を勉強してみると就職までつながるかもしれない!というように、これから自分が何をしたいのかを探す時間でもあるのです。

せっかくの良い機会ですから、資料請求などをしてみたり、公共機関に足を運んで、職業訓練の実施内容を確認してみたりするのもよいと思います。また、面接に向けて、無料講習を受けることができるので、一度受けてみると「知っているようで知らないマナー」があるかもしれません。

次の仕事へつながる勉強をしていきましょう。

転職へ向けて資格を取るならどれがおすすめかな?

資格は持っていると有利です。専門知識を勉強しているので、就業先も自分もプラスになります。

ですが、資格取得は大体自己負担になります。そこで、資格取得の費用をお得にするための制度をご紹介しますね。

①教育訓練給付金

仕事していても、していなくても、給付金対象講座に指定された資格またはスキル取得のための講座を修了した場合、その一部を国が負担してくれる制度です。

 

②公共機関;職業訓練

ハローワークでは、無料で学習できるものがあります。それが、職業訓練です。その制度を利用できるのは、一定の条件をクリアしなければなりません。

ハロートレーニング

次の仕事へつながる自分のための習い事

仕事を辞めて一ヶ月も過ぎると、正直、時間を持て余してしまいます。忙しく働いていた人は、なんだか物足りなくなるし、張り合いがなく自分自身が取り残されるような気持になるかもしれません。

ですが、この時間を有効的に利用できることがあります。それは、習い事です。

自分を磨くことによって、毎日に張り合いもでるしスキルアップにもつながります。

仕事を辞めるともらえる失業給付金

仕事を辞めると、離職票というものが郵送で届きます。①会社を◎◎都合で辞めました。②月々◎◎円もらっていました。③働いていた日数は◎◎日です。というような内容のものです。

この離職票が届いたら、なるべく早くハローワークで手続きすることが必要です。

失業給付金を受給するには?!

雇用保険の被保険者が離職して、次の1及び2のいずれにもあてはまるときは一般被保険者については基本手当が支給されます。

  1. ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」にあること。
    したがって、次のような状態にあるときは、基本手当を受けることができません。

2.離職の日以前2年間に、被保険者期間(※補足2)が通算して12か月以上あること。
ただし、特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可。

※補足2 被保険者期間とは、雇用保険の被保険者であった期間のうち、離職日から1か月ごとに区切っていた期間に賃金支払いの基礎となった日数が11日以上ある月を1か月と計算します。

ハローワークインターネットサービスより参照

まとめ

いかがだったでしょうか。

仕事を辞めるということは、マイナスなことだけではないのです。万が一今の仕事に満足できていないようなら、視野を広げてみるのもよいかもしれません。仕事帰りに習い事をするとか、思い切って転職しようとか、どんな方向にも持っていくのかは自分自身です。

仕事を辞めるということは、決して間違いではありません。もし今の仕事に満足していないなら、自分らしく過ごすために、毎日を磨く生活へ方向転換してみませんか。

コメント

  1. ヒロポン より:

    はじめまして!

    そうですね、視野を広げれば
    いろんなものが見えてきますよね

    私も、視野を広げるために
    副業を始めたばかりです

    まだまだひよっこですが...

    また次回の記事楽しみにしております。

    • nikoneko より:

      はじめまして。コメントありがとうございます。私も今まさに、同じく視野を広げようとしています。(^^♪
      何事もポジティブシンキングですね。