【離婚】を考える人へ

女性Life

ここに辿り着いたということは、一度は「離婚」について考えたことがあるのだと思います。実は意外と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

離婚とは、結婚していた夫婦が、婚姻状態を解消して別の戸籍になるということです。今回、離婚について知っておくべきことをご紹介していきます。

1.離婚について最低限知っておくべきこととは?!

1.離婚にも種類がある。

まず、法律上の婚姻に関するものとは一体どのようなものなのでしょうか。

(1)婚姻を合意する意思の合致があること。

(2)婚姻の妨害となる法律上の理由がないこと。

  • 年齢が婚姻適齢に達している。
  • 重婚ではない。
  • 女性は再婚できない期間を経過している。
  • 近親婚ではない。
  • 未成年者については、父母の同意を得る。

(3)婚姻の届け出をしている。

 婚姻関係を解消することが「離婚」というわけですが、その方法はいくつかあります。離婚について理解をするには、まず離婚の方法を知ることから始めましょう。

協議離婚

離婚を決意したら、話し合いからはじめます。夫婦の話し合いで離婚が成立することを「協議離婚」と言います。子どもがいる場合は、意見を参考にしたり、両家の父母にも間に入ってもらうのも「協議離婚」となります。

調停離婚

夫婦の話し合いだけでは解決せず、第三者を含めるために家庭裁判所へ申し立てて行うことを「調停離婚」と言います。ここでは、納得した離婚ができない場合もあります。

審判離婚

調停離婚を行う場合、両者とも離婚をする意志があるにも関わらず、話し合いが平行線のままになることもあります。そうなると、職員が権限によって両者の意志を無視して離婚させる…ということもあります。

裁判離婚

協議離婚から審判離婚まで、3回行われた離婚の話し合いでも決着がつかない場合は、最終的に離婚裁判となります。裁判は、法律で定められた理由や証拠が優先されるため、夫婦ともに公平な立場で裁かれる離婚とも言えます。

2.離婚成立までの流れ。

┃話し合いから始めます。

夫婦で話し合いをせずに、いきなり離婚裁判へ…ということはありません。夫婦の問題ですから、まずは二人で話し合いということが離婚の第一歩となります。

┃話し合いが食い違えば裁判所へ

二人だけの話し合いでは、いつまでたっても平行線だと感じたならば、家庭さん番所に調停の申し立てをすることになります。第三者を含め、冷静に話し合うことで離婚問題が解決することも少なくありません。

離婚する意思はあるけれど条件が合わない場合は、調停委員の職権で審判離婚ということもあるでしょう。どうしても納得がいかない場合は、離婚裁判に進み、死ぬ気で戦うことになります。

3.離婚前にするべき最低限のこと

これまでの話の中で、離婚の方法はわかってきましたが、実際に離婚する前に決めておかなければならないことがあります。

┃慰謝料を決める

精神的な損害賠償金にあたるのがこの慰謝料です。後からでも請求することが出来ますが、時効が定められています。浮気や暴力、あとから慰謝料を請求したい時などの時効に気をつけましょう。

┃財産分与について

結婚した後に作られた夫婦の財産については、離婚の時に財産分与で分けられます。特に住宅ローンは金額も多いしマイナスの財産になる可能性もあるので調べておくことが必要です。

4.親権はどちらが持つのか

子どもがいる場合、未成年者の親権者を決める必要があります。一度決めてしまった親権者を変更することはできませんので、しっかりと話し合って決めていきましょう。

5.養育費の負担について

どのくらい負担してもらえるのか、裁判所のHPに「養育費算定書」というものがあるので、参考にして決めます。もう関わりたくないからといって、安易に不要だと言わないことをお勧めします。子どもの養育には、親の都合など関係ありません。子どもが育っていく環境をしっかり整えてあげましょう。

┃子どもとの面会も交渉しておく

親権が相手に渡ってしまった場合、子どもとの面会権を決めておく必要があります。ここで、しっかり決めておかないと子どもと会いたい時に苦労することになります。

6.年金分割

平成19年4月から適用されている「年金分割」制度とは、離婚時や離婚後に、夫婦の一方の厚生年金を分割し、相手の年金をサポートする制度です。

7.離婚できないこともある。

離婚について、これまでの流れから最終的に裁判をすると離婚ができるだろうと考えてしまいます。

しかし、裁判になっても離婚できない場合もあることを知っておきましょう。

※離婚の事由

離婚の事由とは、法律で決められた離婚の理由です。民法で定められている、離婚のための条件を知っておきましょう。 •浮気・不倫(不貞行為) •悪意の遺棄 •三年以上の生死不明 •配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない •婚姻を継続できないその他の重大な事由

この離婚事由にあてはまらない場合は、離婚裁判すら起こすことができません。

8.離婚するためにはどうすればいい?

離婚は、双方の同意が必要です。相手が全く離婚する気持ちがなければ成り立ちません。その場合はどうしたらよいか?

9.別居をはじめてみる

相手が離婚について全く考えてくれない場合があります。今は子どものために我慢しようとか、自分が不都合に陥る場合とか、熟年離婚でよいではないかとか理由は様々です。

しかし、浮気をしている、暴力を振るわれているなどの理由で、子どものためなどとは決して理由にはなりません。

そんな時は、離婚を前提に別居してみるという方法があります。

別居期間が長いと、婚姻関係が破綻していると認められる場合もあります。

10.第三者に相談してみる

今ではインターネットで情報を知ることができますが、法律のことや裁判のことなどは読んでも難しい問題となるでしょう。

そんな時は、専門家に相談することが一番の解決策と言えます。

┃まとめ

これまで離婚について考えておきたいこと、知っておきたいことをまとめてきました。

しかし、一部の情報でしかありません。離婚については、夫婦の問題、子どもの問題、結婚する時よりも問題がたくさんでてきます。

円滑にすすめていきたいなら、やはり専門家である弁護士に相談することが一番の解決策といえるのかもしれません。

離婚は決して恥ずかしいことではありません。自分がこれからどう生きていくのか、自分の道を切り開いていく第一歩なのです。

精神的に追い込まれたり、追い詰めたりしますが、ここで負けるわけにはいきません。

もし、これを読んでいる人が「離婚」を考えていたら、それは正しい道だと思います。

お互いのために、明るい未来をつくっていきましょう。

コメント