【英語】英文法を楽しく学ぶ仕組みとは?!文法を理解する?!を解説

英語 e-first

【英語】英文法を楽しく学ぶ仕組みとは?!文法を理解する?!を解説

英語は、文法を知らないと正しく使うことができません。2020年には教育改革によって、英語教育が大きく変わってきます。

小学校3年生から一斉スタートです。また、小学校5年生からは成績表に英語の教科が増えるそうです。

今でも、外国語の授業として「聞く」「話す」を使い慣れ親しんでいると思います。私の子どもたちは学校から帰ってくると、覚えたての英語で楽しそうに問いかけてくることが多くなりました。

例えば、

子「How’s the weather today.」(今日の天気はどうですか。)

親「one more time please.」(もう一度お願いします。)なんていう会話もしばしば。

答えられないと、「こんなのもわからないの?」とドヤ顔!笑

それでもなんとか日本語で、「今日は晴れです。」なんて答えるとそれはうれしそうにしています。私の子どもの学校では、週に一時間、外国人講師が来校し、「好きな色は?」「自分が好きなものを英語で伝える」などといった授業を行っていますが、たった週一時間でも英語で相手に質問することができるようになるのです。

子どもは、耳で聞いて覚えていると思いますが、発音もそれらしい。

素直に受け止めている証拠なのでしょうか。

neko
neko

さて、ここからは英語文法の仕組みについて解説していきます。

英語を話す時には、5文型がポイント

私たちは日本語で育っています。なので、英語を組み立てる時には、英文を英語で考えるのではなく、日本語の文を考えてから英文を組み立てていくと覚えやすいと言われています。

そこで英文を組み立てる時に必要な英文法は「5文型」に単語を当てはめていきます。

  5文型✙4つの要素  

5文型

第1文型:SV(主語✙動詞)
第2文型:SVC(主語✙動詞✙補語)
第3文型:SVO(主語✙動詞✙目的語)
第4文型:SVOO(主語✙動詞✙目的語✙目的語)
第5文型:SVOC(主語✙動詞✙目的語✙補語)

4つの要素

S(主語)とO(目的語)には名詞、V(動詞)には動詞、C(補語)には名詞か形容詞が入ります。

英語を話す時には、この5文型に英単語を当てはめていきます。

dog
dog

実際に5文型にあてはめてみるよ!

第1文型:SV(主語✙動詞)

I ran.(私は走った。)

「私は」主語 ✙「走った」動詞

〇が●する。

 

第2文型:SVC(主語✙動詞✙補語)

He is my lover.(彼は私の恋人です。)

「彼は」主語✙動詞✙「私の恋人です。」補語のように、主語と動詞に補語がプラスすることで、主語についての説明になります。

〇は●です△の

第3文型:SVO(主語✙動詞✙目的語)

I have a watch.(私は時計を持っている。)

第1文型に目的語が追加された形です。補語と違い主語について説明していないので、主語=目的語の関係は成り立ちません。

〇は●っている□を

第4文型:SVOO(主語✙動詞✙目的語✙目的語)

I bought a new pen for my mother.(私は母に新しいペンを買ってあげた。)

目的語を2つ取れる動詞には限りがあります。

〇は●した□に□を

第5文型:SVOC(主語✙動詞✙目的語✙補語)

He told her to call a nearby bookstore.彼は近くの本屋に電話するように彼女に言った。

この形の補語は主語についての説明ではなく、目的語について説明をしています。

〇は●した△に□するように。


英文法の勉強方法

 

neko
neko

英文法の組み立てを理解できたかな?

最もヤリがちな勉強方法は、いきなり英文法問題を解く!という方法です。問題文をたくさん解いて身に着けようということですが、基本的なことがわかっていない場合問題集を解いても「理解する」ことにはつながらないものです。

また、問題集を(解答)を丸暗記することもあまりおすすめできません。

例えば、5文型を無視してマニュアル通りの意味だけを覚えるということは、もし違う言い回しの問題が出てきてしまうと意味すら訳すこともできないからです。

文法には、5文型(4つの要素)があります。それに基づいて構造を理解していくことが英文法を覚える近道になります。

第5文型(4つの要素)を深堀してみる。

dog
dog

第5文型を少し詳しくみていくよ!

文の4つの要素

文の4つの要素は、【S・V・O・C】を指しています。このアルファベットは何の意味があるの?と言う方にしっかりと覚えてもらうために解説していきます。

S主語   V…動詞   O…目的語   C…補語

文の位置とすると、一般的には主語が文頭にきて、動詞が2番手。目的語は文末の方へ位置します。

① S(主語)✙ ② V(動詞)✙ ㌽O(目的語)✙ ㌽C(補語)

① S(主語)

主語は、文頭の位置に当たる。➡( (例)「誰が、何が」 )

文の主題や動作の主体を表すものです。「私は、」「彼は、」という名詞が主語として表されます。

 

He is my lover.(彼は私の恋人です。)私の恋人を指すのは、です。
  • この文の主語は、He 
  • 第2文型(S,V,C)
  • 要素の種類(S主語✙V動詞✙C補語)

その他にも、例文をあげてみます。

❀I ran.(私は走った。)
❀I have a watch.(私は時計を持っている。)
❀I bought a new pen for my mother.(私は母に新しいペンを買ってあげた。)
❀He told her to call a nearby bookstore.(彼は近くの本屋に電話するように彼女に言った。)

② V(動詞)

述語は、日本語の場合文末に位置しますが、英文の場合、ほとんどが2番手に位置します。主語の動きを説明する部分です。((例)~○○です。~□□した。)

助動詞がない場合動詞を述語動詞として扱うがじ、助動詞がある場合、「助動詞✙動詞」を文の述語動詞として扱う。

He is my lover.(彼は私の恋人です。)

その他にも、例文をあげてみます。

I ran.(私は走った。)
I have a watch.(私は時計を持っている。)
I bought a new pen for my mother.(私は母に新しいペンを買ってあげた。)
He told her to call a nearby bookstore.(彼は近くの本屋に電話するように彼女に言った。)

㌽O(目的語)

目的語は、文中にある動詞を表す役割を持ちます。

目的語は、他動詞の後ろに位置します。

(例)~を、~が

 

I have a watch.(私は時計を持っている。)

動詞は、「have(持っている)」ですので、この動作の目的は、「watch(時計)」になります。

「I have.」私は持っている。この文だけでは、「何を?」と思ってしまいます。この文に目的語となる「何を」を付け足します。

この場合、目的語の「何を」部分が「watch(時計)」になりますので、I have watch.となります。


その他にも、例文をあげてみます。

❀I ran in the schoolyard.(私は校庭を走った。)
❀I have a watch.(私は時計を持っている。)
❀I bought a new pen for my mother.(私は母に新しいペンを買ってあげた。)
❀He told her to call a nearby bookstore.(彼は近くの本屋に電話するように彼女に言った。)

㌽C(補語)

補語は、述語の意味を補う役割を持ちます。わかりやすくいうと、「意味を補う言葉」ということです。

電話をするto callという目的語を説明する補語「どこに」が、a nearby bookstoreにあたります。

He told her to call a nearby bookstore.(彼は近くの本屋に電話するように彼女に言った。)

その他にも、例文をあげてみます。

❀We call him “Torao.”(私たちは彼をトラオと呼んでいる。)
❀My father’s watch is very nice.(父の持っている時計はとても素敵だ。)
❀I bought a new pen for my mother.(私は母に新しいペンを買ってあげた。)
❀He told her to call a nearby bookstore.(彼は近くの本屋に電話するように彼女に言った。)

まとめ

英文法は、5文型の4つの要素で構成されています。

この形をしっかり覚えておけば、英文を読み解く力がついてきます。

このテンプレートとなる、形を覚えることが英文法を学ぶ近道となるでしょう。

  • 主語…名詞
  • 目的語…名詞
  • 補語…形容詞・名詞

5文型

第1文型:SV(主語✙動詞)
第2文型:SVC(主語✙動詞✙補語)
第3文型:SVO(主語✙動詞✙目的語)
第4文型:SVOO(主語✙動詞✙目的語✙目的語)
第5文型:SVOC(主語✙動詞✙目的語✙補語)

4つの要素

S(主語)とO(目的語)には名詞、V(動詞)には動詞、C(補語)には名詞か形容詞が入ります。

コメント

  1. マルリン より:

    こんにちは!英語の勉強は苦手ですが、不思議にスーッと入ってきました。
    参考にさせていただきますね。ありがとうございました。
    よかったらですが、わたしの記事読んでみてくださいね。

    • nikoneko より:

      こんばんは。コメントいただきありがとうございます。5文型なかなか面白いですよね。組み合わせに悩むのでまだまだです(;^_^A