Googleアドセンスってなんでしょ⁈仕組みと登録方法と稼ぎ方を解説

Google Adsense

ブログをはじめる時、「ブログで不労収入」とか「Googleアドセンスを掲載しよう」などといったサイトを見かけることはありませんか?

ブログで不労収入とか、ちょっと不思議ですよね。でも、片隅でとても興味がわきませんか?

今回は、Googleアドセンスへ挑戦し、仕組みと登録方法と稼ぎ方を解説していきます。

Google AdSenseとは?

Googleアドセンスは、自分で運営しているサイトにGoogleアドセンスのタグを貼りつけて、あなたのサイトを閲覧しているユーザーに興味や嗜好な広告が自動で表示されるものです。そして、その広告がクリックされるたびに報酬を受け取ることができる仕組みです。

表示される広告によって1Crickあたりの広告費は変化を伴いますが、だいたい30円~90円という幅が多いようです。このGoogleアドセンスの広告を掲載するには、審査があり、審査を通過した人のみ設置できます。

Google AdSense審査とは?

Googleアドセンスの審査は、Googleが広告を掲載しても良いサイトかどうか?を審査します。ジャンルによっては、違法なサイトや社会的イメージが悪いサイトに広告を掲載してしまったら、広告の印象が悪くなり、広告主のイメージダウンにもつながる可能性がありますよね。そのため、Googleが事前にサイトを審査して、広告を掲載しても良いかどうかを判断するのです。

審査に通ると、自分のサイトに広告を掲載でき、ユーザーが広告をクリックすることで報酬が発生します。

Google AdSense報酬発生の仕組み?

1.広告主がGoogleへ広告を出稿します。

  • 広告主の要望にあうサイトへ掲載してもらいたい。
  • Crick単価は50円までにしたい。

こういった要望を広告主が設定して、出稿をします。

広告主の出稿が終わると、Google側で広告の審査をします。

広告主の審査が通ると、アドセンスのタグを貼付け、サイトの条件を満たしていると自動で表示されていき、表示された広告がCrickされると広告主からGoogleへお金が支払われ、サイト運営者へと支払われる仕組みです。

2.サイト運営者は、役立つコンテンツを作成します。

Googleアドセンス審査を受けるには、ジャンルなどにより通る・通らないコンテンツがあるようです。そもそもサイトの内容が、訪問してきたユーザーに役立つコンテンツということが重要になってきます。

中身のないサイトに広告を掲載しても、ユーザーの集客は難しいでしょう。

どんなサイトを発信していくのか?

ブログをはじめる時には、日常のことだったり趣味のことだったり自分が書きやすいものからはじめることが多いと思います。

そこで、もう一度確認してみてください。

Googleアドセンスでは、「ユーザーにとって役立つ情報であるかどうか」が重視されると言われています。

お役立ち情報や悩み解決

例えば、「キャンプをしたいけど何を準備するのかわからない」人に向けて、キャンプをするための必需品と初心者向けの場所」などの内容を記事にします。キャンプをはじめる初心者が、無駄なものを買わなくても済むかもしれませんよね。

このように記事を読むユーザーにとって、役立つ情報を書いていくようにしましょう。

Adsenseポリシー:初心者向けガイド

独自性のある記事

もう1つは、独自性のあるブログ記事にするとAdsense審査に通りやすくなります。これは、数あるサイトの中で他の人と同じ内容であれば、あなたの書いた記事には価値がないということです。

もし、同じ内容のテーマであっても、自分自身の経験や体験談を入れることで、独自性のあるブログに変わります。

記事数や文字数

文字数は一般的に1記事1,000文字以上と言われていますが、あまり深く考える必要はないと思います。大事なことは、読む人にとって役に立つ情報であるかどうか、有益な情報を伝える内容になっているかどうかです。

読む人に伝わる内容であれば、それなりに文字数も1,000文字以上はこえてしまうでしょう。

記事数は、100記事は書いた方が良いと言われています。1日1記事だと100日かかってしまいますよね。そのぐらいブログを継続するって大変なことなのですが、実際は内容重視となりますので、ある程度記事数が揃ってしまえば(内容による)Adsense審査へ申し込んでもよいのではないかと思います。

画像を入れる

記事に画像を入れることで、読みやすくわかりやすいコンテンツになると言われています。読みやすいと読まれやすいので、評価されやすいです。

※ただし、著作権などに違反する画像やテレビ番組のスクショ、など許可を得ていないものの写真や動画は決して掲載してはいけません。

画像は、フリー素材のものを利用しましょう。

おすすめはpixabay

お問合せやprivacypolicyを用意する

ブログをはじめる時は、必ずお問合せやprivacypolicyを設置します。

お問合せの設置の理由は、ブログの内容に不明な点がある場合に連絡がつく必要があるからです。また、連絡を取れる手段があると信頼性も高まります。

また、privacypolicy(プライバシーポリシー)をブログに設置し、責任あるきちんとしたブログ運営に心がけていますということを明示しましょう。

Adsense広告が配信されるときには、プライバシーポリシーが絶対条件になるので、ブログをはじめる時に、必ず準備しておくことをおすすめします。

参考:Adsenseヘルプ 必須コンテンツ

Google Adsenseの利用条件

  • 他にはない人を引き付ける内容になっているか
  • 操作が簡単でわかりやすいいのか
  • ユーザの興味をひく独自のコンテンツがらうか

参考:お申込み時の条件

Googleアドセンスの種類

Googleアドセンスは、最も報酬を発生させやすい広告と言われています。それだけに、審査に合格するのが非常に難しいといった声もよく耳にします。無料で利用することができ、ネットビジネスをはじめたいと思った人にはピッタリな案件だと言えます。

さて、Googleアドセンスは広告を自動で掲載してくれて、あなたのサイトに足を運んでくれた人が、その広告をCrickすることで報酬が得られるものです。そして、アドセンスには種類があります。

  • コンテンツ向け
  • ゲーム向け
  • 動画向け
  • 検索向け

コンテンツ向け

コンテンツ向けアドセンスは、ブログやコンテンツに表示する広告です。

  • テキスト広告ディスプレイ広告
  • 関連コンテンツ
  • インフィード広告
  • 記事内広告

ゲーム向け

HTML5で作成されているWEBゲーム内に、アドセンス広告を設置することができます。ゲーム向けアドセンスを掲載するには、アドセンス管理画面から広告、その他のサービスへ進み申込を行う必要があります。

参考:ゲーム向けアドセンス概要

動画向け

自分のサイトに動画を設置したら、この動画を使って収益を得ることができます。動画向けアドセンスを掲載するためには、ゲーム向けアドセンスと同じく、申し込みを行う必要があります。

参考:動画向けアドセンス概要

ゲーム向けや動画向けは、申し込み条件が厳しいと言われています。しかし、YouTubeでアドセンス広告を掲載する場合は、動画向けアドセンスに申し込みをしなくても掲載することができ、YouTubeのパートナーprogramに参加して設定を行い掲載することができます。

検索向けアドセンス

自分のブログやサイトに検索ボックスを設置して収益を得ることができます。これは、メニューバーに検索ボックスを設置することができます。この検索ボックスから検索した場合、その検索結果にアドセンス広告が表示され、Crickされると収益を得ることができる仕組みになっています。

はじめよう!はじめてのアドセンス

何回かお伝えしていますが、アドセンス広告を利用するためには、アドセンス審査に申し込み、合格しなければなりません。そして何より、「Googleが掲げる10の事実」は、Googleが何を大切にしているかどうかにあります。

Googleが掲げる10の事実

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3.遅いより早いほうがいい。

4.ウェブ上の民主主義は機能する。

5.情報をさがしたくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7.世の中にはまだまだ情報があふれている。

8.情報のニーズはすべての国境を超える。

9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10「すばらしい」では足りない。

Googleについて10の事実

Googleは、ユーザーをとても大切にしています。

  1. ユーザー
  2. 広告主
  3. サイト運営者
  4. Google

この4者がwinwinの関係であることでアドセンスは成り立っていると言えます。

さっそくはじめてみようと思ったら、次のことを確認してください。

  • Googleアカウント
  • 独自ドメインで作成したサイト
  • 記事数をある程度準備する

この3つがあれば、Googleアドセンスの審査に申し込むことができます。

※万が一審査に落ちてしまっても再審査を申し込むことができます。

まとめ

Googleアドセンスはサイトにタグを掲載すると、自動で広告を表示してくれるため収益化しやすいことで知られています。しかしその分、審査も厳しくなっているのが現状です。Googleの本質とアドセンスプログラムポリシーの意味をしっかり理解して記事作成に励んでいけば、きっとあなたもアドセンス審査に合格できるでしょう。

コメント