Googleアナリティクスを設定で見える化分析

Google

自分のWEBページをつくりはじめてくると、次に気になり始めるのが「集客」です。今までは、Googleのアカウントを作成して、次はWordpressをインストールして…と、やることがたくさんあって、記事を書き始める環境ができると「達成感」がうまれ満足する人も多いのではないでしょうか?

しかし、記事を書いていくうちに、ふと「どのくらいの人が自分のサイトをみてくれているの?」と疑問に思うようになります。

そこで今回は、そんな疑問にお答えし無料でできる解決ツールをご紹介していきます。

Google Analytics(Googleアナリティクス)

Googleアナリティクスは、無料で利用できる高機能分析ツールです。設定した日から、分析データを知ることができます。

  • 利用者の訪問状況
  • 地域
  • リアル訪問者
  • 時間帯
  • どうやってサイトに流れてきたのか

データの量が増えるほど解析する要素が増えるので、改善策がもらえます。

Googleアナリティクスの仕組み

Googleアナリティクスは、自分のサイトに解析に使われるトラッキングコードというものを埋め込むことでデータを記録していきます。

  1. Googleアナリティクスへログインし、お申込みへすすみます。
  2. 解析したいサイトのアカウント名/サイト名/URLを入力します。
  3. トラッキングIDを取得ボタンを押します。

トラッキングコードを取得して設置

UA(ユニバーサルアナリティクスの略)から始まるトラッキングIDをコピーして、自分のサイト内のHTMLの</head>タグの直前に貼り付けましょう。

WordPressを使っている人は、トラッキングコードを簡単に設置できるプラグイン

  • All in One SEO(General settings)
  • Google Analytics by MonsterInsights(旧Google Analytics by Yoast)

WordPressテーマがCocoonの場合

  1. Cocoon設定
  2. アクセス解析・認証タブへ
  3. Googleアナリティクス設定へトラッキングコードを入力
エラーがでて、設置できない場合。(ロリポップ編)

サーバーを「ロリポップ」で利用している人は、登録できない場合があります。

そんな時は、WAF設定を有効→無効にしてから登録してみてください。

①セキュリティ ➡ WAF設定

②設定したドメインのところで、「無効にする」ボタンを押し、設定状態を「無効」にします。

※この設定は、少し時間がかかります。トラッキングコードを設定したあとには必ず「有効」に戻してください。

データが取れているかレポートで確認

レポートにデータが表示されるようになるには、約24時間ほどかかる場合があります。しばらく待ってもデータが集計されない時や集計されているけどなデータが変だな…と思ったら、設定を確認してみてください。

最初にみるアナリティクス

Googleアナリティクスでは、さまざまな角度から分析する機能があります。

  • リアルタイムでサイトを見ている人
  • パソコンとモバイル別
  • 同じcookieを持つユーザは同一とみなされ、カウント1とする
  • 地域、国
  • どのドメインがどれだけのアクセスがあるのかをしるトラフィックデータ
  • SNSや外部メディアのドメイン経由

データの期間を変更し比較する

初期設定では、解析する期間が1週間となっていますが、右上の日付をCrickすると、好きな期間で分析することができます。

まとめ

Googleアナリティクスは、自分のサイトの解析をする高機能なツールです。初めてサイトを立ち上げてアナリティクスを設置しても正直切なさがあります。赤ちゃんブログなので、よほど特化した内容だったり、よほどユーザを引き寄せる内容だったりしない限り、誰も知る人はいませんよね?日々1人、2人などの寂しいものですが、日々更新してサイトも成長すると、アナリティクスで見える数字も成長していきます。

データを収集して、これからの改善に役立てていきましょう。

Googleアナリティクスに興味を持った方はこちらから

コメント